読んだ本で

読んだ本で、「数学は暗記だ」と言っている大学教授がいました。
私も、大学受験の時は、とにかく「解き方を暗記する」という方法で、苦手な数学を乗り切りました。
ニガテなのにもかかわらず、その戦略で、意外と良い成績を取れていました。
論理的な思考とかももちろん大切だし、解き方を暗記するには、その内容を理解し納得することも大切です。
でも、とにかく、解き方さえ覚えていれば、ちょっと違う問題が出ても、「あ、あの問題の解き方が使えるな」と、ピンとくるのです。

どろあわわ 市販

思えば、九九も、とにかく暗記することが大切だし、
足し算、引き算も、ある程度暗記して覚えてしまっていれば、桁数が大きくなってもすらすら解けるものです。
その力を身に付けるのが、公文式のような、繰り返し何度も何度も計算するという学習方法なのだそうです。
確かに、計算の基礎力を付けるには、「3たす8は11」のような、ある程度の暗記が大切だと思うので、
何度も同じような計算を繰り返せばいつの間にか覚えるだろうし、公文式はなかなかいいかもしれません。うらら酵素 店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です